デンキ的まんが倶楽部

電子書籍(まんが)を売るための情報収集を日々しております。

中世鎧騎士の戦い方を再現した武術と、馬に乗った騎士を描きたい人のためのフィギュア紹介。

 

今回はファンタジーモノなんかでもはや鉄板の、中世ヨーロッパの騎士についての資料的価値の高いネタが二つも手に入ったので紹介させていただこうかと思います。作品制作の参考なり研究資料などに役立つんではないかと。

・中世騎士の戦い方を再現した武術とは?

まず今月19日の日経新聞夕刊より、アーマードバトルという中世ヨーロッパ武術を教えているグループの代表のジェイ・ノイズという人の記事が載っておりました。この方の主研究は14から15世紀のドイツ剣術だそうです。また海外でもこの武術に取り組んでいるチームがあってその世界大会にも参加しているようです。

さらに実際アニメのベルセルク純潔のマリアなどの指導、監修などにも関わっているんだとか。このスポーツ、少なくとも男子ならそそられるもんがあるのではないでしょうか。

f:id:naruton2018:20200220195258j:plain

www.castletintagel.com


・馬に乗った騎士を描きたい人のためのフィギュアとは?

天下の「海洋堂から発売されている関節可動フィギュア、リボルテックシリーズの一つで「タケヤ式自在置物、15世紀ゴチェック式エクエストリアンアーマーシルバー」という商品です。甲冑騎士と甲冑装備の馬がセットになっていて組み合わせで色んなポージングが可能。またそれだけでなくて細部にわたるまでのディティールがとにかくスゴイ。騎士も馬も鎧に描かれた模様の凹凸から鉄板を留めるために打ってある鋲、鎖かたびらの小さな凹凸までも再現されております。だからもう眺めているだけで頭の中でこの騎士が戦ってる姿が浮かんできちゃいましたよ。(^^)

 

f:id:naruton2018:20200224101145j:plain

f:id:naruton2018:20200224101207j:plain

武器としてランス、長槍などが同梱されております。

f:id:naruton2018:20200224101230j:plain


いななく馬にまたがる騎士という感じのポーズもなんとか

f:id:naruton2018:20200224101257j:plain

 アングルが自由自在というのもフィギュアユーザーの特権ですよな。

f:id:naruton2018:20200224101341j:plain


 とゆーわけで、この馬と騎士のフィギュアを見ながら実際に絵に描いてみました。今まで馬とそれに乗った人なんて真面目に描いた事はほとんどなかったんですが、それでもこの位まで描けました。

f:id:naruton2018:20200224092057j:plain

 なお鎧を装備させた馬の事を正しくは「重騎兵」、また馬に着せる鎧の名前はバーディング(barding)と言うそうです。

 

Amazonで1万1千円位で売っております。クオリティから考えるならお得だと思いますよ。↓

タケヤ式自在置物 15世紀ゴチック式 エクエストリアンアーマー シルバー 全高約147mm PVC&ABS製 塗装済み 可動フィギュア

 

 

 


 

タケヤ式自在置物 15世紀ゴチック式エクエストリアンアーマー PV

 

 

名古屋パルコで開催中のパトレイバー展に行ってきました。

f:id:naruton2018:20200224102329j:plain


名古屋パルコで開催中の機動警察パトレイバー展に行ってきました。この作品に関しては、まんが版を少しと劇場版を三つ観ただけでアニメ版は未見のにわかなんですが、それでも展示している色んな設定資料とかは色々面白かったですよ。当ブログでは撮影可能だった模型のみ紹介させていただきます。

(それでも劇場版3の「廃棄物13号」は個人的生涯ベストアニメ映画に入るほど気に行っておりますよ)

ゆうきまさみ氏の泉野明のイラストが目印に。割とシンプルな外見でした。

f:id:naruton2018:20200224102357j:plain主役レイバーことイングラム口径37ミリの主力武器、リボルバーカノンの実寸大模型。重量感がすごい。展示ルームのある7階まで運んだ人お疲れさまです。

f:id:naruton2018:20200224102505j:plain

イングラムのコックピットの椅子の模型。確かに他のロボものと違って割とリアルに感じる造りに。

f:id:naruton2018:20200224102617j:plain

イングラムの大型模型です。実際の設定は8mらしいのでガンダムよりは楽に再現できそうな気も。しかし最近こういう気合の入ったロボアニメの新作とか、本当に作られなくなってしまったなあ…

f:id:naruton2018:20200224103255j:plain

f:id:naruton2018:20200224103331j:plain

f:id:naruton2018:20200224103356j:plain

 

 

 

 

あとおまけ、パルコ近くの広場でアニソンガンガンにかけてオタ芸踊っている皆さんを見かけたので思わずパシャー

f:id:naruton2018:20200224105127j:plain









 

 

愛知県美術館で開催中の「コートールド美術館展」に行ってきました。

愛知県美術館にて開催中のコートールド美術館展に行ってきました。おそらくどの人も見覚えだけはある、有名な画家の本物の絵画を一度に拝めるいい機会になりました。

 

f:id:naruton2018:20200222101111j:plain

ポール・セザンヌ

パイプをくわえた男

f:id:naruton2018:20200222101135j:plain

カード遊びをする人々

f:id:naruton2018:20200222101156j:plain

 

ピエール=オーギュスト・ルノアール

桟敷席f:id:naruton2018:20200222101218j:plain

エドガー・ドガ

舞台上の二人の踊り子

f:id:naruton2018:20200222101238j:plain

エドゥアール・マネ

草上の昼食

f:id:naruton2018:20200222101300j:plain


フォリー=ベルジェーㇽのバー

f:id:naruton2018:20200222101344j:plain

アルジェントゥイユのセーヌ河岸

f:id:naruton2018:20200222101503j:plain

アメデオ・モディリアーニ

裸婦

f:id:naruton2018:20200222101404j:plain

ポール・ゴーギャン

ネヴァーモア

f:id:naruton2018:20200222101427j:plain

クロード・モネ

花瓶

f:id:naruton2018:20200222101542j:plain

アンリ・ルソー

税関

f:id:naruton2018:20200222101606j:plain

他にもたくさんあったんですが、当ブログではここまで。そういえば昨今女性の裸を芸術に使うの性的搾取の一環であって看過できないみたいな論調がたまに吹き出してきますが、そもそも長年愛され継承されてきた絵や彫刻の大半がヌード作品だったりする事にどう説明をつけるのかと思いますが。

またそれだけでなくてFacebookなんかでもヌード絵画をポルノと認識して削除してたとかわけのわからん事をやってたりしますし、ブログの収益化を図れるグーグルアドセンスも男女の水着写真があっただけで収益対象として不合格にされたりするんで(実際他の方のまんがレビューブログで、水着表紙グラビアの雑誌の写真を撮って載せただけで収益化から外されたというのを読んだことがあります)

世界を牛耳るIT企業も価値観の多様化とか言っておきながら芸術には不寛容だったりするというのがねえ…┐(´д`)┌ヤレヤレ

というわけでここでルノアールさんの遺した名言を上げときます。

・もし婦人の乳ぶさと尻がなかったら、私は絵を描かなかったかもしれない

・私には規則や方式は一切ない。裸婦を見る、すると幾千ものちいさな色合いが見えてくる。その中から、生き続けるものを探し出し、そのようにして真新しい色調をキャンバスの上に躍動させるのだ

・風景なら その中を散歩したくなるような、女性なら その人を抱きしめたくなるような、そんな絵を私は描きたい

 

一方こちらは同じ愛知県美術館の下の会で開かれていた名古屋造形大学の卒展が無料だったので。現代アートから始まってオリジナル同人まんが誌とか自作アニメとかゲームまで展示されていて美術館の中なのにコミケ場に来たような気分に。いずれにせよ今の日本の若手芸術家はサブカル的イラスト表現からは逃れられない環境にいるんだなあと改めて実感。

f:id:naruton2018:20200222101835j:plain







 

「挫折」と「継続」をテーマにした短編まんがを構想中デス。

f:id:naruton2018:20200211200158j:plain

 

 今回は先月のエターナルパートナーとは違ってコンテスト狙いとかはあまり考えてはいないのですが、色んなサイトにアップするためのきちんとした短編をまた作っておこうかと思いまして。(一応12頁くらいで収めるつもり)

f:id:naruton2018:20200211195556j:plain

 

当記事のタイトルにある通り「挫折」と「継続」というテーマで行ってみようかと。少し内容をばらすと、左の子は歌ってみた的な動画を何年間か上げていて、始めた当初は人気が少しあったものの最近は伸び悩みが続き、徐々に低下傾向になったのに嫌気がさして更新をやめてしまったという設定。右の子は運動部で優秀な成果を出し期待されていたものの練習中に大きな失敗をしてそのトラウマからやめてしまっているという設定。その二人があるきっかけで出くわして…という感じです。

それでなんでそんな話を描こうかと思ったかというと、自分の場合まんがのネット上へのアップという行為、果たしてそれは好きだからやっているのか、それとも他人に褒めてほしいから注目されたいからやっているのかという、ずーっと頭の中にあるこの悶々とした気持ちを作品として一度きちんと扱ってみてもいいんじゃないだろうかという思いを自分や色んな人の活動なんかを見ていくうちに感じるようになってきたからでしょうか。それにどうせそういう気持ちを語るんならオッサンの書くブログなんかより美少女キャラがまんが内で語る方がみんな楽しいよね?(;^ω^)

 

……とりあえず完成させるためにがんばりマッスル。

 

(1頁まんが)鬼太郎と猫娘のデート?

f:id:naruton2018:20200209101328j:plain

ギャグはその時期にしか描けない旬ってのがありますもんね。このネタは2020年1から2月でしかできないと思って描きました

今回のゲゲゲの鬼太郎も今年の4月で終わりみたいで非常に残念というか…改変された猫娘なども最初は批判多かったですがそれなりの人気を博したわけで成功だったって事ですしね。(妖怪人間のリメイク版のBEMもキャラのアレンジは良かったと思う。)

 

とゆーわけで、ブレインマーケットにまんがを何点かアップしてみました(^^

先月末に当ブログにて紹介させていただいた、「ブレインマーケット」なる新しいサービスプラットフォームサイトに、このブログにもすでに上げてあるカラーまんがを何点か試しに上げてみました。詳しくは下記をご覧あれ↓

 

naruton2018.hatenablog.com

 

原稿をPDF化すれば簡単に投稿できました。実際ブレインマーケット側でもマンガの投稿を想定していたようで、カテゴリの中の一つに「マンガ」ってのがすでに用意されていたのでとりあえず一安心。てか思いがけず自分が初のまんが投稿者になってしまった模様。

 

新着のトップ画面に4つ並びました

f:id:naruton2018:20200203193158j:plain

実際にうpsしたリンク先はこんな感じです。

 

brain-market.jp

brain-market.jp

brain-market.jp

brain-market.jp

 

実際このサイトが採用しているタダ見コンテンツが評価次第で有料コンテンツにステップアップできるという非常にシステムは画期的だと思います。

というのはタダ見コンテンツにつけられる「いいね」と有料コンテンツにつけられる「いいね」では「いいね」の重みが全然違うと思うからです。タダ見の方のいいねはまさに閲覧者の気まぐれ次第ですからつく根拠が割と無責任なところがやっぱりあった気がしますが、有料コンテンツにつく「いいね」は付けた人から「この作品には金を払ってもいい」というその作品への信用=ブランドを与えられたという事になるからです。

だから例えば今までなら手間と時間をかけた力作でもタダ見サイトに上げてしまえば基本収益につながる可能性はほとんどなかったですが、ここでわずかながら有料化ができてさらにそれでも尚評価が得られれば、その作品は沢山の人にブランドが保証された作品にランクアップさせらえる可能性ができたということになるからです。(とは言え評価も変動制ですしそうすぐ理想通りにできるもんではないと思いますが)それでも今までより創作者の環境改善に繋がるのであればこのサイトのシステムはかなり有望なのではないかと。

 

(2頁まんが)友達のお姉ちゃんに脳殺されました!?

f:id:naruton2018:20200130213752j:plain

 

 

f:id:naruton2018:20200130213811j:plain

(正しくは悩殺ですね。ただ脳殺っていう字面が好きなので昔から使ってました。)

何となく描いてしまったオリジナルです。自分は一人っ子なんで兄弟姉妹を持った人には少しあこがれのようなものもあるんですが、実際の姉のいる人によると絶対に逆らう事の出来ない君臨者とも聞いていたりしてするのですが…乱筆乱文失礼しました。m(__)m